美容と健康

インフルエンザ さらに「警戒」レベルUP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国のインフルエンザ状況(厚生労働省)

全国のインフルエンザ流行状況の報告書が毎週上がる「厚生労働省」のHPによると、

2017年2月3日の報告書(現時点で最新)では、1月の第4週の患者数195,501人となり、第三週より増加したということだ。

 

 

全国の報告数(上位20都道府県)

報告数が多い順上位20都道府県を挙げると、

宮城、福岡、愛知、埼玉、千葉、

山口、大分、神奈川、静岡、三重、

福井、岡山、佐賀、宮城、長野、

石川、徳島、熊本、高知、大阪

となっている。(全47都道府県より)

国立感染研究所 インフルエンザ流行レベルマップ

全国で警戒レベル」を超えている保健所地域は355カ所(45都道府県)

注意報レベル」を超えている保健所地域は184カ所(42都道府県)であった。

第四週である1月23~29日までの一週間医療機関を受診した患者数は、201万人

第三週で受診した患者数は、161万人だったため、40万人の増加である。

最も多い報告はA型で、次に多いのがB型である。

国立感染研究所の資料を見ると、毎年一月から二月にかけてインフルエンザの患者数がピークになり、その後すぐに流行がおさまる場合(2015年)と、少し続いてからおさまる場合(2016年)のパターンがみられた。

今年2017年は、まだ一番のピークを折り返していないため、今後どうなるかは分からないが、これからも十分注意が必要であることには変わりない。

 

 

インフルエンザウイルスの驚異

インフルエンザは、空気感染で移る。

感染者(インフルエンザウイルスを保有している人・発症していない人も含む)くしゃみでウイルスが一気に空気中に飛沫し拡散する。

 

どれくらいかというと…

 

一度くしゃみ200万個

一度10万個

 

たった一度のくしゃみや咳で、こんなに沢山のウイルスが飛び出すのだ(゚д゚)!

 

そして、感染者と同じ空間長時間共にすると、この浮遊したウイルスを鼻や口から呼吸と共に体内にぐんぐん取り込んでしまうのだ。

 

一個のウイルスに感染すると、

 

 

8時間後には…

1個 → 100個

 

 

16時間後には…

1個 → 10,000個(一万個)

 

 

24時間後には…

1個 → 1,000,000個(百万個)に‼

 

 

…(;゚Д゚)えっ!

 

 

なんという驚異

 

 

繁殖力とそのスピード半端ない

 

潜伏期間1日~3日ほど。

 

潜伏期間は症状が現れない(出る人でも、ちょっと疲れたかな?とか思うレベル)のに、ウイルスをばら撒いているという恐ろしい現実

 

くしゃみだけでなく、鼻水からもウイルスが移るから、感染者口や鼻を触った手すりドアを触ると、そこにウイルスが付着するという恐ろしさ(゚д゚lll)ガッテム!

 

 

これ・・・・

無自覚病原菌を持って歩き回る状態になるからやっかいだ~。

 

 

潜伏期間自覚しにくい上に、繁殖力がめちゃくちゃ高いという・・・

 

インフルエンザウイルス弱点を良く分かって、生活の中でこまめに対処するしかなさそうだ。

 

 

 

インフルエンザウイルスの弱点

① アルコール消毒・手洗い・マスク

ウイルスは自力では増殖できず、必ず他の生物の細胞に侵入して増殖する。

インフルエンザウイルスもそうで、インフルエンザウイルス気道系で増殖する傾向がある。

人間の気道粘膜に入って増殖するというわけだ。

この時に、一番気を付けるべきなのが、だ。

感染者が咳をした時に、手で口を押えることが多く、手はウイルスが付きやすい

その手で手すりドアつり革などに触れることから他者への感染が広がるのだ。

ただ、粘膜に入ってしまうとすぐに細胞内に侵入してしまう為、ウイルスが器官に入ってしばらくたってからのうがいあまり効果がない。

それよりも、マスクをしてウイルスの侵入を防ぐほうが効果的である。

そして、こまめに手洗アルコール消毒をする事が効果的だ。

 

 

② 高温・多湿

温度21~24度湿度50%の実験装置の中では6時間後インフルエンザウイルスの生存率はわずか3~5%

温度21~24度湿度30%の実験装置の中では6時間後インフルエンザウイルスの生存率60%増加!(@_@;)

これは、インフルエンザウイルス湿度に弱い性質を持っているということだ

過去の観測結果を見ても、流行する時期にしっかり雨天が続いた年は、インフルエンザが大流行しなかったということが分かっているようだ。

 

 

 

インフルエンザウイルス対策 部屋の環境作り

インフルエンザ対策として、自分の体の内部を整える対策と、外的な環境を整える対策とある。

体の内部を整える方法としては、運動・マスク&手洗い&うがい・食事・睡眠などが挙げられる。

外的な環境を整える方法としては、衛生面・温度&湿度調節・除菌などが挙げられる。

 

まっちゃんも、インフルエンザにかからない為に食生活体調管理(うがい・手洗い・マスク)などを徹底していたが、疲れがたまった瞬間にウイルスにやられてしまい、とうとうインフルエンザにかかってしまった(;^_^A

(なんかだるい・・疲れがたまったのかな?)

そう思っていた夜、急に高熱が出た。

熱は38度で、一晩休んだら平熱に戻ったが、念のため病院に翌朝行くと、

 

「インフルエンザA型ですね」

 

と、お医者さんに一言。

 

(まじかーーーーー(;´∀`))

 

…ということで、職場にも教会にも行けず、お家に1人籠っている。

 

 

ず~~~っと部屋にいるから、

部屋の環境を徹底的に「ウイルス対策」しようと、適切な温度湿度を調べてみた。

湿度40%未満→口腔粘膜が乾燥する、インフルエンザウィルスの生存率が高い

湿度40%以上70%以下→適正(建築物衛生法の管理基準値)

湿度70%を超える→汗の蒸散を妨げ不快感が生じる、カビの生育が早い、ダニの生育 が早い

ウイルスは「湿度40%以下」になると繁殖力が大幅にUPするということが分かった。

 

そして、健康に良い、「適切な温度」は夏と冬で違うようだ。

外気の気温との温度差が、夏はマイナス5度、冬はプラス5度以内が好ましいでしょう。

夏 25~28度

冬 18~22度

まっちゃんの部屋には温度と湿度が計れる目覚まし時計があるので見てみると・・・

 

温度18度

湿度40%

 

なんか、ギリギリセーフのようなアウトのような・・・(;´・ω・)

もともと乾燥が嫌いなのと、クーラーや暖房が好きじゃないので、あまり暖房をつけないまっちゃん。

冬は基本的に、電気カーペットやお布団で暖を取ることが多かった。

しかし、寝てばかりでは体が鈍るし、電気カーペットは一度天日干しをしてから使いたい!

 

・・・ということで、

暖房をつけることにした。

そして、乾燥対策として、加湿器に目をつけた。

 

 

(パパッと作れる加湿器ないかなぁ??)

 

 

調べてみると、コーヒーをろ過する紙(100均)で簡単に作れるらしい。

見た目も可愛い💛

でも、効果いまいち

 

 

(う~~~ん(´−`) )

 

 

主婦の知恵で、「洗濯物の部屋干しが一番!」とあったので、取り敢えずこれを試してみることに。

 

 

すると・・・

 

 

温度 21度 (暖房効果)

湿度 57% (部屋干し効果)

 

 

(*´▽`*)大変身!!!

 

 

部屋が適温・適湿度に★

 

ちょっとした工夫でこんなに変わるんだ♪

 

まっちゃん、暖房好きじゃないから、ドアを少しだけ開けているけど、それでも湿度も温度もキープできていた♪

 

よし!

 

加湿器買うまではコレでいこう(笑)

 

 

インフルエンザ生活をまずは適切な部屋の環境を整えたところから始めたまっちゃんでした♪

 

 

 

<完全に作っていないもの>を完全に作りなさい。

そうすれば、一生楽に使って生きる。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

一次的にでも快適な環境に作ってしまったら、本当に過ごすのが楽になった。

 

「このように こうだ」

 

何でも、作ってこそ享受できますね!お師匠!

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっちゃん

投稿者の記事一覧

大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。

関連記事

  1. 眠れない夜に
  2. 昨日は3.11 〜最近のニュースを見て思うこと
  3. そうだ温泉入ろう。~よってけし温泉シリーズ~【山梨の温泉】
  4. 日本の国防問題と世界ニュース 6月29日
  5. 体がつらい日は できることを探してみよう^^
  6. 一番のストレス解消は「おしゃべり」
  7. 日本人の危機意識~国防について考える~
  8. 筋肉痛を早く直す方法。

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP