美容と健康

そろそろあの時期です。>花粉症対策

薬だと眠くなるのは困る・副作用が怖いとか懸念を抱いていた私と家族。
薬ではなくて、食べ物を使って効果があった対策をご紹介します。

 

花粉症対策>食材

※ポイントは花粉症が出始める前1~2か月前からstartすること。

・ハーブティ

ドイツなどでは『春季療法』として春先のアレルギー予防にハーブを積極的に摂取するそうです。

 

ネトル

:消毒作用もあり、風邪やインフルエンザなどの感染症にも有効。
血行促進効果があり、ケガの早期回復やリウマチ、痛風、関節炎などにも効くとされている。
ネトルに含まれている抗ヒスタミン成分には、喘息や花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果があると言われている。また、体内に活力を作り出す強壮作用もある。

 

エルダーフラワー

:花粉症の諸症状の緩和・風邪予防、細胞の老化防止・若返りのハーブ
粘液を浄化して呼吸器の気道をきれいにしてくれる。
アレルギー性の鼻炎や花粉症などのカタル症状(鼻水・鼻づまりなど)緩和にも効果を発揮する。
また、エルダーフラワーは利尿作用と発汗作用に優れており、体内に溜まった毒素の排出を助けるということでデトックス効果あり。

 

わたしはアレルギー性鼻炎だと診断されていたのですが、ハーブティを飲むようになってからは
時折くしゃみをする・少し鼻水がでてくる程度になったので、特に受診していません。

ハーブティは朝・昼・夜いつ飲んでもいいと思いますが、
自分が一番心がゆったりしたい瞬間に飲むのが心身により効果を感じられるのではとおもいます。
値段はorganicのほうが高いですけれども、やっぱり味がいいなと感じます。
↑の2種類はスーパーなどではあまり見かけないため、ネット購入です。

 

・ヨーグルト

乳酸菌による改善効果。

なぜヨーグルトなのか?
花粉を体の外に出そうとする働きは、免疫機能の誤作動のような物だそうです。
ある種の乳酸菌には、その免疫機能の過剰な反応を抑える働きがあるとのこと。
乳酸菌が全部効果あるかどうかは定かではないそうですが、
花粉症がひどくて、鼻水で夜眠れないくらい父がヨーグルトを食べるようになってから
見違えるようによくなりました。
ヨーグルトで花粉症が良くなったことを記事にしているサイト⇒こちら
ヨーグルトの種類を数社、上げられて紹介されているので参考になります^^

 

食材で備える!花粉症対策のポイント

薬は即効性に優れていますが、効果が強い分、副作用が否ません。
食材の良さは、ゆっくりじわじわですけれど、副作用がなく、効果を得るところだと思います。
なので、少なくとも1か月前くらいから毎日取り入れるのがいいです。
春をよりよく迎えたい方、
神様がくださった万物のチカラをおいしく楽しみながら取り入れて今から備えることをおススメします^^

 

 

参考:花粉症ヨーグルト/日清食品/ハーブのちから

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。山梨英和卒。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. 負けてあげる人が 大きな人です
  4. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する
  5. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. 美容と健康

    体がつらい日は できることを探してみよう^^

    体がつらいとき 元気が出ないときこんなときは できない自分に落…

  2. 美容と健康

    豆乳と牛乳、どっちにしよ?

    毎日いただく、あったかいミルク。ミルクだけ、カフェオレにして、はちみつ…

  3. 美容と健康

    ぽかぽかの春、むくみやすい春・・・

    ぽかぽかの春がやってきました^^雪も溶け、きびしい寒さもなくなり、体も…

  4. 美容と健康

    まっちゃんが直面した大阪の問題

    大阪に来てから一番初めに直面した問題とは??…

  5. 美容と健康

    最近流行りのグルテンフリー

    主日礼拝の後に、社会人四人で教会の掃除をした。そこで一緒に掃除…

  6. 美容と健康

    疲れから抜け出す3つの方法★

    @www.canstockphoto10代の時は、夜遅…

  1. 日常&私の思い

    夢でみた聖書200読
  2. 日常&私の思い

    永遠な喜びがあると思う?
  3. よつば(小4)

    かみさまが 小学校にやってきた!?
  4. 美容と健康

    時代の移り変わりで通用しなくなる常識「貧血にはヒジキ」
  5. 日常&私の思い

    朝の葛藤(´-ε-`)
PAGE TOP