フード&料理

ホットシナモンりんご☆りんごの蜜のヒミツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごをたくさんいただきました☆

切ってみると、蜜がたくさーん♡

そのままで食べるのも好きですが、最近は冷え込むので、

この日は体が温まるスパイスと一緒にホットりんごにしました(^^)

 

スライスしたりんご(1つ分)を

バターを溶かしたフライパンにどーん。

グラニュー糖大さじ1加えて5分ほどソテー。

仕上げにシナモンパウダーをふってできあがり!

(ワインがあればフランベにしたいところですが、これでも十分おいしいです♪)

これで1個分ペロッと食べてしまいました(^ω^)

りんご自体もとても甘みがあっておいしかったです。

 

蜜入りのりんごがおいしいことは間違いないのですが、

蜜の部分って名前の割にそんなに甘くないんですね。

(作りながら試しに蜜だけ食べてみた私。)

りんごの蜜って一体なんなんだろ?

 

調べてみたら、

「ソルビトール」という、糖質アルコールの一種だそうです。なんと、果糖やしょ糖などの糖とは違う仲間の物質だった!( ゚Д゚)

 

ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質。

果実の中でりんごの本来の甘味である果糖やしょ糖に変換されます。

しかしりんごが完熟すると、ソルビトールは糖分に変換するのをやめてしまい、そのままの状態で水分を吸収します。

これが「蜜」になるのです。

 

つまり蜜が入っているということは、

「これ以上糖に変換しなくてもいいよ!」

という、<完熟>のサインです。

 

ただし、ソルビトール自体はしょ糖や果糖の5割から6割程度の甘さしかない

→その部分だけを食べてもあまり甘くは感じない。

(参考:果物情報サイト 果物ナビ)

http://www.kudamononavi.com

 

なぁるほど、蜜はあくまで果実の成熟の指標だということでした。

ただ、蜜の入りやすい品種とそうでない品種があるそうなので、蜜がないからおいしくない、というわけではないようです☆

 

リンゴの旬は秋と冬。旬のものを食べなさいとおっしゃる通り、旬の果物は神様の時に合っているのでやはりおいしいです。

旬が過ぎてしまったら、グラニュー糖を少し多めにして作るとよいかもしれません(^^)☆

この記事を書いたブロガー

saku
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

saku

投稿者の記事一覧

千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆

関連記事

  1. とってもグルメな食堂☆東洋大学
  2. 感動料理レシピの生い立ち
  3. 東北のおいしいもの☆さくらんぼ
  4. 体に賢いスナックの食べ方~八幡屋磯五郎のカラムーチョで◎
  5. とってもおしゃれ☆横浜国立大学の図書館カフェ
  6. 冷蔵庫の整理に☆野菜とひき肉のオイスターソース炒め
  7. ホットバナナinくるみパンケーキでおうちカフェ。
  8. 最高のクッキー屋さん ~一生懸命な人が、輝いている

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP