日常&私の思い

おすすめ絵本☆「だってだってのおばあさん」

先日、「だってだってのおばあさん」という絵本を借りました。
「100万回生きたねこ」で有名な、さの ようこさんの絵本です。

おばあさんは98歳、ねこと一緒に暮らしています。

ねこが魚釣りに誘っても、「だって私は98だもの、魚釣りは似合わないわ」
と言って、断ります。

そんなある日、おばあさんの99歳のお誕生日を祝うため、
ねこはケーキに立てるろうそくを99本買いに行きましたが、
途中でろうそくを落として5本しか持って帰れませんでした。

おばあさんとねこは5本のろうそくをケーキに立ててお祝い。
おばあさんは「ろうそくが5本だもの、私5さいになったのよ」と言います。

おばあさんは、これまで「だって98だもの」と言って断ってきた魚釣りも、
「だってわたしは5さいだもの・・・あらそうね、5さいだからいくわ」
と言ってねこと一緒に魚釣りに行くのです。

おばあさんはこうして、99歳の体だけど、5歳のこころで、
色んなことをやってみて、とっても楽しい気分になります。

私も日常の中で、「だってわたしは」と思うこと、結構あるんじゃないかな?

特に言葉でそう思わなくても、無意識に「できない自分」を想定して、
自分でセーブしてしまうこと、あるんじゃないかな・・そう思いました。

でも、せっかくなら、このおばあさんのように「できる自分」を想定して
色んなことを自信持ってやってみたいですねき

「だってわたし、こう見えて強いところ結構あるんだもの!」
調子が上がらない時は、そう言って自分の背中を押してあげよう。

「だってわたし、まだまだ可能性がいっぱいあるんだもの!」
自分の中にまだ眠っている可能性をひとつひとつ起こしてあげて、
もっとイキイキした、笑顔いっぱいの自分になりたいですねニコ

絵本を通しても、大切なことを教えてくださる神様。

心を上向きにしてくれて、感謝します^^

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  2. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?
  5. 負けてあげる人が 大きな人です

関連記事

  1. 日常&私の思い

    自由意思と価値は比例するかも。

    田舎ゆえに、ナスをおすそ分けしたら、ブドウでお返しをもらう。という…

  2. 日常&私の思い

    油断大敵な気候~春~

    4月に入って一気に温かくなったと思いきや、急にまた寒くなった・・・…

  3. 日常&私の思い

    眠くても・・・春眠暁を覚えず

    中学生の時に漢文で習った「春眠暁を覚えず」まさに、このような状…

  4. 日常&私の思い

    練習というか遊びというか

    最近、一眼レフを購入しました。でも、わりと小心者のため、、首に…

  5. 日常&私の思い

    実を結びたい。

    オープン行事の最後の合わせ・通し練習に行ってきた。練習だけれど…

  6. 日常&私の思い

    あの感動をふたたび。

    神様への感謝と愛を表現する賛美の力は、歌う側も聴く側にも感動に包まれる…

  1. 聖書と御言葉

    「私」~霊感の詩~
  2. 家族

    子育てで、くじけてしまう時
  3. 家族

    ちょっとおかしい、娘のカタカナ
  4. ニュース

    互いにほほえみ合って
  5. 信仰

    450年の信仰を守った ~想いをつなぐ長崎の教会~
PAGE TOP