日常&私の思い

アジア通貨危機について考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰かの話を聞くとき、注意しないといけないことがあります。

相手がどういう背景を持って、どういう経験をして、何を伝えたくて、今ここで話しているのかということです。

 

御言葉を聞くときも同じですよね。

どういう背景で語られているのか。
韓国に1年留学していた私。
韓国語だけでなく、文化や歴史も学びました。

 

鄭明析先生に御言葉を教えていただいているのですが、先生は韓国人であるため日本人の私には理解が難しかったり、しっくりこないことがありました。

 

その一つがIMFのこと。

仕事でお金のことについて詳しくなる過程で学んだこともあり、今日は私が調べたことを書いてみたいと思います。

 

IMFは日本語でいうと国際通貨基金のこと。
言わずと知れたことで、私の感覚ではそれ以上でもそれ以下でもありません。

しかし、韓国でIMFといえば、IMF経済危機とも呼ばれる、1997年のアジア通貨危機のことを連想することが多いようです。

 

この危機が韓国、韓国の人々にどういう影響を与えたのか。

簡単にいうと、大不況になり、大手企業が破綻し、失業者が増え、財閥解体が行われ、国の破綻までも危ぶまれたようです。

 

でも、なぜそこにIMFが登場するのか?

 

それでは、アジア通貨危機がどうやって起きたのか見てみます。

 

アジア通貨危機は東南アジアのタイにその端を発しています。
ドルペッグ制(米ドルと連動させる制度)で実態よりも高くなり過ぎたタイの通貨であるバーツがヘッジファンドをきっかけに大きく空売りされ(売られると通貨の価値が下がります)、国に外貨準備が十分でなく、買い支えることもできず、大暴落。
IMFから資金援助を受けるも変動相場制に移行し、暴落は止まらず、企業は破綻し、失業者が溢れかえったのです。

 

タイから飛び火した韓国でも同様に通貨ウォンが大暴落。外貨準備高が十分でなく買い支えもできず、再建のためにもIMFから緊急資金援助を受けたそうです。

そうして、大不況になり、大手企業が破綻し、失業者が増え、財閥解体が行われ、国の破綻まで危ぶまれたというわけです。

 

自国通貨が売られすぎると本当に大変です。

 

同じ言葉を聞いても、立場や状況如何で感じること、考えることが違うのですね。

知ることが深さを与えてくれます。

この記事を書いたブロガー

さくら
九州大学卒。既婚。
福岡で会社員として働いています。
お金と経済にちょいと詳しいかな。
趣味は街歩きと乗り鉄。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さくら

投稿者の記事一覧

九州大学卒。既婚。
福岡で会社員として働いています。
お金と経済にちょいと詳しいかな。
趣味は街歩きと乗り鉄。

関連記事

  1. 家事の変化〜AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)
  2. 頭が痛い日でも できることはちゃんとある☆
  3. 時間の価値
  4. 月と明けの明星
  5. 節約するしかない状況から経済と時間感覚の復興。
  6. 摂理から離れられない理由。~ある意味、脱会できない~
  7. 自分の性質を変化させること
  8. こんな子いるかな。>ペンギンも保育園があるらしい

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP