日常&私の思い

「大丈夫ですか?」と言える心を下さった神様

道端で声をかけられて、立ち止まって話を聞くような人間ではありませんでした。

道を聞かれればお答えしますが、本当にさらっとした会話でした。

何か困ってそうだと「大丈夫かな?」と気にもしますが、そこから何か行動にうつす事はありませんでした。

客寄せ1つ、チラシ配り1つ、

ティッシュは受け取る事もあったけれど、それでも決して積極的に関わりません。

何かの誘いにのるなんて、もってのほかでした。

それは今も変わりません。

警戒心は強いですね。

しかし1つ大きく変わった事は、

「助けてあげたいな」と思うようになった事です。

 

前述に”何か困っていそうな人を見ると「大丈夫かな?」と気にはする”と書きましたが、

積極的に声をかけたり・助けに行ったりした訳ではありませんでした。

しかし今は、困っている人も助けて欲しい事を発言しにくいだろうな、と思うようになり、

「大丈夫ですか?」と声をかけるようになりました。

都心と田舎では、どちらがどうなんでしょうか?

よく田舎では、お節介も含めて色んな人が声をかけあいますが^^笑

都心では田舎とはちょっと事情が異なりますよね。

それでも私は、「大丈夫ですか?」と声をかけるようになりました。

なぜか。

私自身が「大丈夫ですか?」と勇気あるその一言で助けられた一人だからです。
ある日、この御言葉を学びました。

 

 

 

 
「糸一本ほどでも助けるときにしなさい。」この御言葉は
「少しでも助けるときにしなさい」、
「少しだけ助けても、御子が助けるから、やればできる」、
「あげるときに受け取りなさい」という言葉だ。
-チョン・ミョンソク牧師の明け方の御言葉より-

 

あぁ、ほんの一瞬だとしても、神様が助けて下っているんだな。一瞬だとしても、その機会を逃してはいけないんだな。

自分が困っている時は尚更、そういう機会はちゃんとつかんで、前に進まないといけないのだな。

と、思ったのです。

 

そして、街中で困っている人を見かけた時は、

その人にとって助けを受けるべき機会なんだと思うのです。

私自身に出来る事は、大きくないですか「大丈夫ですか?」と、

神様からの糸一本になれたらと思うようになりました。

 

警戒心も強いですし、滅多な事がなければ、街中で話しかけたりなんてしませんが、

御言葉を学び、神様の愛の心を学び、

困っている人に手を差し伸べる精神を学んだので、声をかけられるようになりました。

本当に大きな奇跡です^^

勇気がいる事もありますが、困っている人を見かけたら

何かその人の助けになれるように、愛の眼差しを向け・愛の手を差し伸べ続けられる自分でいたいな、と思っています。

 

主よ、愛を下さり、勇気を下さり感謝します~(*´▽`*)

この記事を書いたブロガー

チーナ
精神科病院の勤務を経て、障がいをお持ちの方の就労支援に従事。大学生だった妹から摂理の教会を教えてもらい、姉妹そろって信仰生活中♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  4. 負けてあげる人が 大きな人です
  5. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間

関連記事

  1. 日常&私の思い

    ありのままと変化

    さっき本屋さんに行ったら「ありのままじゃなくて変化する女性に~」といっ…

  2. 日常&私の思い

    今 私にできること

    関東で、東北で、大雨の被害がひどくなっています。川から水が溢れ…

  3. 日常&私の思い

    激安バナナ 三房で110円!

    毎朝盛りだくさんの果物から一日を始めていたまっちゃんの幼少期。…

  4. 日常&私の思い

    凄いぞ!  寝坊回避の祈り

    最近花粉症に悩まされているまっちゃん。熱が出ないだけで、風邪と…

  5. 日常&私の思い

    実はみんな知っているようで知らない。

    人生の問題はいつか肉体は死ぬことわかっているのに、後悔しない生き方をち…

  6. 日常&私の思い

    わかって対処。

    低気圧が来ると、頭が痛くなる。猫が雨降る前に顔を洗うっていうの…

  1. 日常&私の思い

    朝の新聞のおたのしみ
  2. よつば(小4)

    ブログを書けない時、よつばはどうすると思う?
  3. 日常&私の思い

    死ぬべき考えとの遭遇。
  4. フード&料理

    健康朝ごはん*゚.かぶの葉とじゃこの炊き込みご飯
  5. 美容と健康

    毎朝のヘアスタイル
PAGE TOP