家族

ぎゅっとしてほしい時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

娘が「さみしくなったからぎゅっとしてほしい」と
ある日、私のところに来ました。

昔はよく、小さな娘を抱きしめてあげました。
娘を抱きしめながら、幼い自分の心の中の
不安も心配も、抱きしめている感覚がありました。

今はだいぶ大きくなって、元気にたくましくなったけど、
悲しい時もあるし、悔しい時もある。
大きくなっても、ぎゅっとしてほしい時がある。

大きくなった娘の体をぎゅっとしてあげながら、
娘の温もりで、私の心も温かくなりました。

そして感じました。
私がさみしくて神様に抱きしめてもらう時、
神様も同じく私の温もりを感じてくださっているんだって。

私はずっと神様に温めてもらってばかりだと思っていたけど
私が神様を思う心が、神様を温めていたんだって。

神様のそばを離れずに、神様をぎゅっと抱いて、
いつも温め合って生きていくことができますように四葉のクローバー

 

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シロ

投稿者の記事一覧

東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

関連記事

  1. できなくても やってみよう
  2. おかあさんのしごと
  3. 読むとほのぼの「ワクワク親聞」
  4. ついやってしまう失敗・・・
  5. がんばりやさん☆
  6. 夫の料理が美味しい
  7. 会話のはじまりは、心をやわらかくして
  8. だいじなことは、<必要性>を分かること

✧*。beauty&health(

  1. 医食同源。

  2. 腕のぷにぷに

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP