家族

だいすきな 主人のお父さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

娘の夏休みに、主人のお父さんが我が家に
遊びに来てくれました。

電車に、バスに、飛行機を使っての大移動。
70歳を過ぎて体を動かすのも大変なのに、
遠いところから来てくださった、お父さん。

口数は少ないけど、私が話しかけると
いろいろ教えてくれる、お話上手なお父さん。

自分から話すのが、苦手なだけ。
だから、いつも私から声をかけますね。

お父さんは息子にも話したことがないことを
私に話してくれました。

お父さんが小さい時に、ガキ大将から
泳ぎ方も、魚の採り方も、教えてもらったこと。

おうちが貧しくて、高校に行かせてもらえなかったけど、
働きながら夜間高校に通って、大学にも行ったこと。

スポーツや魚釣りが大好きなお父さん。
でも、誰か一緒にいてくれる人がいるから、できるんや。
そう教えてくれた、お父さん。

今は年齢を重ねて、一緒にできる相手もいなくなったから、
これからは私たち家族と一緒に楽しんでくださいね。

毎日日記をつけていることを教えてくれた、お父さん。
「最初のページに、好きな言葉を書いてるんや」と言って
見せてくれました。

そこには、こう書かれていました。
「受けるを忘れず、施すを語らず」

自分が受けたことを忘れず、いつも感謝すること。
自分がしたことを人に言わず、いつも謙虚でいること。

お父さんの姿、そのままですね。

口数の少ないお父さんは、1つ1つのことに「ありがとう」や
「ごちそうさま」「おいしかった」「たのしかった」と
言うことがないけれど、最後にこう言ってくれました。

「ほんまにのんびりできました。満喫できました。」

お父さんは言葉ではなく、その姿で、感謝してくれてたんだ。

きれいに平らげたお皿が、「ごちそうさま」と言っていたこと。
自然を見てのんびりされている姿が、「楽しい」と言っていたこと。
私がごはんを用意する時、片付ける時、布団の支度をする時、
そっとその様子を見ながら、「ありがとう」と思ってくれていたこと。

私は本当に幼くて、お父さんの感謝のことばが分からなくて、
時々不満を感じてしまって・・・お父さん、ごめんなさい。

お父さんは語らないけど、お父さんは本当に温かい方です。

お父さん、私は先に神様の御言葉を聞いて、神様のことを学んでいます。
神様がお父さんを愛する心で、お父さんを愛したいと願っています。

だから、私の考えのまちがいを、しっかり直しますね。
そして、お父さんのよさをもっと発見して、もっとお父さんを
大好きになりたいです。
「主人のお父さん」から、「私のお父さん」と言えるように。

お父さん、また遊びに来て下さいね。
今度はもっと神様に近づいて、神様の心で、お父さんをお迎えしたいです。

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シロ

投稿者の記事一覧

東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

関連記事

  1. ふわふわ小物で、娘の冬支度
  2. おかあさんの反省文
  3. 母の変化。
  4. 子育ても神様のように☆
  5. 夫の料理が美味しい
  6. 自分に自信のない人に おすすめの絵本^^
  7. 大変でも、思い浮かんだ時に行なうこと
  8. 「未完成」は希望がいっぱい☆

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP