聖書と御言葉

「下弦の月」~霊感の詩~

おととい、夜遅くに帰る道でふと顔をあげると夜空に「下弦の月」が出ていた。

とても細くて、繊細で美しかった。

その月を見ながら、お師匠の詩を思い出した・・・

 

 

下弦の月

@search.live

 

 

「片月(かたつき)」

 

閉じかけた窓の隙間から
九日の片月が
沈黙の中 西側に沈んでいく

ああ、
私が幼かった頃 
あの月を見ながら
村の入り口で
あの月がすっぽり西側に傾く時まで
村の友達と遊んだ
その日の夜が思い出されるのだな
どうしてあそこまで
初めて会った少女のように
そんなにも沈黙の中
黙々と西側に進むのだろうか

かすかに照らすあの月は
燦爛(さんらん)と輝く昼の太陽よりも
むしろ私の心を虜(とりこ)にするのだな

昔の詩人 李太白が
お前を見て狂って、水の中に飛び込んだそうだな
一杯の酒に人生が老いるのも分からずに生きた
李太白だけだろうか
月を見ると皆 思索にふけり
故郷への思いに心を奪われ
恋人への思いに気がふさぐ

ああ、創造主神様は
本当に月を美しく創造し
地球村のすべての人たちの心を
ああいうふうに、こういうふうに
思い出にふけるようになさるのだな
だから月が入らない歌
月が入らない詩は稀なのだ

@www.god21.net

 

 

!

@ganref

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 負けてあげる人が 大きな人です
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  5. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 日常&私の思い

    月と明けの明星

    大雨に見舞われた翌日の明け方、夜空を見たら半月が綺麗に出ていた。…

  2. 聖書と御言葉

    問題を通して考える。

    一年のうちで最高潮に繁忙期、真っ盛り。今年の繁忙期は期間が今までよ…

  3. 聖書と御言葉

    愛の箴言

    先日、ハートの形の葉っぱを見つけた。&nbsp…

  4. 聖書と御言葉

    罵詈雑言との戦い。

    ひさびさに、ののしられました。「お前」とか「てめぇ」とか、わたしは…

  5. 摂理について

    心からAmen。

    <指導者>もついて来る人たちを見る時「一つのこと」だけを見て判…

  6. 聖書と御言葉

    幸せは感じるとおりにくる。

    <幸せ>は「感じるとおりに」来る。何が幸せなのか「考える」通りに「…

  1. 日常&私の思い

    摂理コメディカルも気になる -九州大学病院精神科の行動療法研究室のためこみ症の記…
  2. 日常&私の思い

    その心は2
  3. 家族

    ダメだと思う時に読んでほしい、たった1つのこと
  4. 家族

    運動好きな子に育てよう☆大学生の挑戦
  5. 日常&私の思い

    はじめまして、シロです^^
PAGE TOP