聖書と御言葉

自分がなぜ貴いのか?どうして、あなたは大切な存在なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡に映った自分の顔を見て醜い。と思って鏡を割ろうとしたことありますか?
チョン・ミョンソク先生はそう思って、10代の頃、鏡を叩き割ってしまったそうです。

私も15歳くらいの時にそう思ったことがありました。
でも私の場合は、割ったら手を切って血が出るだろうなとか
考えがよぎって半端な力加減になったため、割れなくて、ただ手が痛かったです。

今では世界各国、どんな世代の人からも慕われる方である先生に割ってしまうくらいの激情があったんだなぁ・・・
その先生がどうやって自分を好きになったのだろうか?

神様に祈って尋ねてみました。
お祈りをしながら主日と水曜の御言葉を読み返していたら、答えをもらえました。

「<肉体>がどんな万物より貴重で神秘的なのは、
「全能なる三位一体の形象」と似ているからです。
だから「最高の作品」です。
<肉体>だけではなく<心・考え・行ない・魂・霊>も「全能なる三位一体の形象」に似るならば、「最も極の作品」になります。
神様は心も、考えも、行ないも、魂も、霊も「自分の形象に最高にたくさん似ている人」を最高に貴重に思います。」
2016年3月2日主日の御言葉「万物は[人間の形象]を備えれば、最高の作品だ。人間は[三位一体の形象]を備えてこそ最高の作品だ」より

人間が、自分という存在が、神様が作った傑作品だということを先生は悟られたからなんだとわかりました。

神様について知らない、自分の価値について知らない会ったこともない人たちに
手が痛くても、ひざが痛くても、首が痛くても、熱が出て頭痛がひどかったとしても御言葉を書き送ってくださっています。
どこの国の人が読んでも文章でもよりよくわかるように御言葉を書いてくださっています。

「<自分自身、自分の肉>がどうしてそんなにも貴重なのか?
この地球世界に<自分>は「一人だけ」だからそんなにも貴重なのでしょうか?
人生、100年生きますが、それもほとんどが70~90年で人生が終わります。
だから「名誉・権勢・財物・容貌」は「永遠なもの」に比べれば貴重ではありません。
当世のみ、肉が生きている時のみ貴重なだけです。
しかし<自分の考え、自分の体>をもって<自分の霊>を永遠な国に行って生きるように作ることができるから、
<自分の体と考え>が本当に貴重で大事です。信じますか?」
2016年1月13日水曜礼拝の御言葉より抜粋

もっと知りたい方は、ぜひ摂理で御言葉を学んでみてください~☆

この記事を書いたブロガー

黄雲 kouun
甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄雲 kouun

投稿者の記事一覧

甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。

関連記事

  1. 自分の考えをはっきり持ちたいならば考えの倉を整理整頓することなり…
  2. 罪と雨と人生
  3. 汚れをスッキリ落としましょう
  4. 神様の心が少しだけわかる。
  5. 運命は2択。
  6. 一つになるということ
  7. 叶うはずのない夢が、摂理で叶った
  8. 時を掴む人or逃す人(・_・;)

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP