聖書と御言葉

ぶつかって。新しい景色を見た。

お客さんとのぶつかり。

その原因は・・・。

互いの認識の違うことからの誤解だった。
私サイドの思いとしては
「伝えてこそ相手も話してくれるんではないか?」という思いだったり
誤解を解きたくて、一生懸命に話しているだけなのだが、
「自分が正しい」といっているように聞こえると言われ、
全く意図と反する形で受け止められてしまって脱力するしかない有様。。。

もういい、他の人の変わってほしいと言われた。
仕方がない。これ以上こじれてもどうしようもないから・・・と
心のどこかでよかった。もうこのややこしい話から逃れられると安堵する気も生じていたのだが、いや待て。今自分どんな時なのかわかっているのか?自分の考えで終わって良いと思っているのか?と私の中でより天の側の考えが私の肩を掴んできた。

たしかに。そうだ。
ここで終わったら、なにも変わらない。。

じゃどうしたらいいのか???
どうしたらいいのでしょう・・・・と助けを求めた瞬間

チョン・ミョンソク先生が教えてくださったこと
「目的は同じ。考えは異なるが目的は同じだ。」 が思い浮んできた。

そこで、

ひとまず、私が正しいといういう話ではないこと、不快な思いを与えてしまったことを謝罪して(こちらとしてはなぜ?と泣きたくなるような思いだが)、もともとの目的に立ち返るように話の脈に戻した。

目的が何なのか?
お客さんの知りたいことを確認し、どこで不可解な気持ちを与えてしまったのか?確認をした。

そうしたところ
話が平行になってしまった点が何だったのかが明確になり、そして私が伝えたかったことがなんだったのかお客さんにもわかってもらえて、和解と円満な感じで終わることができた。

諦めやすい私が新しい景色みたような瞬間だった。

裂かれるべきものがわかってすっきり。
目的が漂流し始める時に、この言葉をまた思い出そうと思う。

「考えは異なるが目的は同じだ。」

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。山梨英和卒。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 負けてあげる人が 大きな人です
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  5. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. 聖書と御言葉

    「私」~霊感の詩~

    今日は、お師匠の霊感の詩の一つ「私」を紹介する。 &n…

  2. 聖書と御言葉

    「弱さ」を正しく知ることで。

    高校生の時、心が弱いから、強くなりたいと思って武道(なぎなた)をしてい…

  3. 聖書と御言葉

    摂理の女子がクリスマスについて思うこと

    イルミネーションにクリスマスソング、おいしいごちそう。クリスマスは…

  4. 聖書と御言葉

    問題を通して考える。

    一年のうちで最高潮に繁忙期、真っ盛り。今年の繁忙期は期間が今までよ…

  5. 聖書と御言葉

    御言葉を行なう時の 注意事項

    御言葉は いろんなことを教えてくれる。どうして かなしくなるの…

  6. 聖書と御言葉

    知るという朝日、希望という平安。

    自分の考えが悪いということわかっていても、それをどうやって直せばい…

  1. 日常&私の思い

    冷たい心を溶かすもの。
  2. 日常&私の思い

    心の平穏
  3. 家族

    あったかいこぶ茶
  4. 日常&私の思い

    就活エントリー開始~!!
  5. 仕事

    私の仕事
PAGE TOP