聖書と御言葉

摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか②

摂理の「してはいけない」「しなさい」の御言葉は<神様の法>であるが

鄭明析牧師の表現をお借りするならば「羊を守る柵」と同じだ。

o0450059911972346971

羊が柵を越えたらどうなるだろうか。野獣やオオカミに追いかけられ、食い殺されるだろう。

<存在の法>というラインを越えたら苦痛を受けるから

神様は「法通りに生きてこそ肉も霊も栄える」とおっしゃるのだ。

 

だからといって、御言葉に従う人たちが囚人のごとくギュウギュウに制限されているのかというと、それも間違い。

柵の中の羊は自由に寝たり食べたりしているように、

自分を守ってくれる柵の中で、保護を受けながら自由に生きなさい

というのが聖三位のおっしゃりたいことだった。

存在の法を知らなければ生きられないから、まずは御言葉をしっかり学ぶことは必須だ。

 

その法の中で生きることを前提に、与えられた個性の通りに聖三位をお迎えし

自由に生きるところ。

これが摂理という世界なのだ。

この記事を書いたブロガー

saku
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する
  2. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  5. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 摂理の人々

    花の告白

    1人の少女が神様に告白した。「私を今まで導…

  2. 聖書と御言葉

    考えの癌と治療法。

    自分を自分で貶める考えは、不健康だが、おかしなことにそういう考えが…

  3. 聖書と御言葉

    誰によって罪は許されるのか?

    ー私たちは御子にあって、神の豊かな恵みの故に、その血による贖い、すなは…

  4. 日常&私の思い

    個性という宝石はどこで手に入るのか?

    日本人は基本的に否定的な考え方になっている。そう韓国の宣教師さんが…

  5. 聖書と御言葉

    摂理の女子がクリスマスについて思うこと

    イルミネーションにクリスマスソング、おいしいごちそう。クリスマスは…

  6. 日常&私の思い

    行なって感じる。

    秋空と稲穂の色合いが美しいと思う季節。蒔いて植えて、刈り取…

  1. 日常&私の思い

    発見!千葉のおいしいメロンパン屋さん♪
  2. よつば(小4)

    こんな時 あんな時の よつばアドバイス☆ おちこむ編
  3. フード&料理

    ハーゲンダッツと神様
  4. 動物

    Break time~今日のミョンのつぶやき
  5. 信仰

    リラックマのリラックスさに学ぶ
PAGE TOP