聖書と御言葉

神様の宮とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂理主婦のシロさん小学校3年生のよつばちゃんのお住まいは東北の小さな街。
そこには摂理の教会はない。
摂理の教会に足を運ぶのは年に1回あるかどうかだそう。

お二人を見てある摂理の家庭局の方がおっしゃっていた。
「教会から遠い場所で生活をすることで信仰を守ることだけでも大変なはずなのに・・・・。
真実な感謝をしていて、感謝することの大切さやその姿から学ぶことがある。」と。

いつも御言葉を考えて、行なう生活をされているお二人の書く記事を通して、
癒されたり、
学んだり、
力をもらう人達は多いと思う。

それは、お二人の心に神様が共にして暮らしていらっしゃるからなんだなと思った。
新約聖書にパウロ先生が「あなた方は神の宮である」とコリント人への手紙で述べているところがあるが、
神様の宮、聖殿とは
生きた信仰を持った人達そのものなのだと、まざまざ思った。

教会に通うだけでは、神様の宮になれないと自分を見て恥ずかしく思う。

知恵のことば「考えの祝福」
お二人のことが思い浮んだので、紹介したい。

考えの祝福だ。

全能なる神様は

祝福を下さるとき

まず「考え」でくださる。

それを「実践」すれば、それに該当する祝福を受けるのだ。

神様の考えが祝福だ。

神様の考えで生きたら、
人間でありながら神になる。

キリスト教福音宣教会-摂理 2013年10月21日チョンミョンソク牧師による夜明けの箴言より

この記事を書いたブロガー

黄雲 kouun
甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄雲 kouun

投稿者の記事一覧

甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。

関連記事

  1. 蕩減
  2. 「雨のち、晴れ」にしてくれる 御言葉リスト☆
  3. 祈りに包まれて
  4. まっちゃんの好きな讃美歌
  5. 諦めそうになる時に! 運命を変える一言
  6. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ①
  7. 失敗、転じて人となる。ならせるようにするのは御言葉だ。
  8. お祈りで、どうやって神様の声が聞こえるの?

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP