信仰

これまでを忘れず 疎かにしないこと

毎日過ごす生活、1日として同じ日はなくて、
毎日何か「新しいもの」に出会います。

新しい情報、新しい人、新しい場所、新しいすべき仕事・・・

毎週受ける「新しい御言葉」、毎日御言葉を通して気付く「新しい悟り」。

自分の中に「新しいもの」が入ってくると、「新しいもの」に
どうしても神経がいってしまって、これまで大事にしていたことが
後回しになってしまったり、忘れてしまったりすることがあります。

神様が「新しいもの」を与えてくださるのは、私達がもっと分かるように、
もっと成長できるように、もっと神様と近くなれるようにするため。

これまで大事にしてきたものの、土台の上に。

そして、「これまでのもの」をより深く分かって、一層心を込めて、
行なっていけるように、「新しいもの」が与えられるのだと思います。

ある方が、話をしてくださいました。
「あなたに、ずっとお世話になった恩師の方がいるとします。
その人に、これまでずっと感謝してきました。
ある日、あなたの知っている人が、実はあなたの知らないところで、
あなたのことをとても助けてくれていたことが分かりました。
あなたは驚いて、その<新しい恩師>のことで心がいっぱいになります。

 でも、忘れてはいけません。
 あなたの<これまでの恩師>も、変わらず、あなたの<恩師>です。
 新しく知った方も、これまで分かった方も、変わらず、あなたの
 かけがえのない<恩師>なのです。

<新しい恩師>に感謝する時、<これまでの恩師>のことも決して忘れず、
<新しくしてもらったこと>に感謝する時、<これまでしてもらったこと>も
決して忘れず、むしろもっと感謝できるような人に、なりたいです。

いつも忘れず、いつも感謝される方が、鄭明析先生です。
先生は、神様にしてもらったことを、何年もの間、毎日、毎日、感謝を捧げます。
「新しい感謝」がいくら増えても、「これまでの感謝」を決して疎かにしません。

また先生は、どれだけ「新しい人」が摂理に来ても、
「これまでの人」を決して疎かにせず、変わらず思い続け、一層愛してくださいます。

「疎かにしないこと」を、先生の姿から学びます。

毎日新しく御言葉を聞きながら、新しく生活しながら、私に与えられた
1つ1つのこと、より一層、心を込めて、笑顔で、行なっていきたいですニコ

 

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  3. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する
  4. 負けてあげる人が 大きな人です
  5. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 家族

    できないから 神様といっしょに 生きるようになる

    娘は、お友達と遊ぶのが大好きです。元気いっぱい過ぎて、羽目をはずす…

  2. 家族

    一生懸命話してくれる こどものように

    こどもって 自分のことを話すのがだいすき。…

  3. 信仰

    「待ち時間」は ひとりで考える時間

    目の前のバスに 乗り遅れてしまって冷たい風と雪の中 20分待つ…

  4. 信仰

    よごれを落とすには まず温めること

    1日 いろんなことがありました。そんな日は おふろに入りましょ…

  5. 日常&私の思い

    ちょっと元気がない時。

    上手く出来なかった時、神様悲しませただろうなと思う時、やらかした~とい…

  6. 信仰

    450年の信仰を守った ~想いをつなぐ長崎の教会~

    長崎の信仰の歴史をご存知でしょうか?多くの殉教者。45…

  1. フード&料理

    愛と真心をいただきます☆
  2. 美容と健康

    手軽に1分、筋トレ。
  3. 家族

    ゲームに夢中な子を 脱出させるには!?
  4. フード&料理

    ホットックを作るの巻き
  5. 日常&私の思い

    実はみんな知っているようで知らない。
PAGE TOP