信仰

相手に分かってもらうには

相手になにか教えてあげたい時、

「これちがうよ、これが正しいよ。」と直接言うと

相手はプンと怒ったり、心が傷ついたりします。


機嫌が悪かったり、自分のことしか見えていないと

いくら正しい言葉でも、その人の心に届きません。


主人が職場の人のことで怒っている時。

主人の怒りをおさめたくて、やさしい心になってほしくて

主人を直接諭そうとしても、うまくいきません。


そんな時、私は自分の失敗談を話します。


主人が腹を立てているだれかと同じように

私もそんな風にしちゃったことあるなぁって。


幼くて、分からなかったんだよねって。

そんな時、自分にもあったよねって。


主人はしばらくだまって聞いて、

「おれも確かに、そんなことやってたわ。」

と言いました。


職場の人のことを怒る心が、ゆるす心に変わっていきました。



神様が教えてくれました。

「直接<ストレート>に話したら、気分を悪くしたり、心を痛めます。

 だから神様は、<比喩>を使って、隠密に話すんです。

 その人がよく理解できる言葉で。その人に合ったものを使って。

 <比喩>を使ったら、本人が自ら悟って、認めるようになります。」



その時、その人に合った<比喩>。

それは、だれかの体験談だったり、自然現象だったり、

ニュースだったり、生活のささやかな一コマだったり。


その<比喩>を通して、自分自ら「自分のこと」を

悟れるように導いてくれる。


まるで<比喩>は、鏡のようです。

自分では見えず、分からないものを、心に映してくれます。


<比喩>だから、心の深くに入っていけるんだ。

相手に分かってもらうには、<比喩の力>!ですね^^



神様がどれだけ自分を愛してくれているのかも

生活の中で、<比喩>を使って教えてくれています。


あたたかい日差しで、白い大きな雲で、かわいい草花で

だいすきな音楽で、だれかのやさしさ、だれかの笑顔で。


こんなにも愛してるよって、いつも教えてくれてるんです。


神様の比喩、神様の愛、もっともっと分かりたいな^^

 

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 負けてあげる人が 大きな人です
  5. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス

関連記事

  1. 信仰

    かみさまと ほめ合いっこ☆

    昨日はどっさり雪が降って今日はざあざあ雨が降って道は氷のシャーベットみ…

  2. 信仰

    ずれていても、嬉しい。

    神様の心に合わせて、と思うと祈ることも、何かを行うことも、自信…

  3. 家族

    ダメだと思う時に読んでほしい、たった1つのこと

    東北のいなか町に住む主婦、シロ。実は最近、家出をしようとしました。仕事…

  4. 信仰

    幼い自分も、愛で育てよう

    30代後半の、小学生の子供もいる母シロですが頭の中には、こどもたちがい…

  5. 信仰

    どれだけ愛されてるか 知ってますか?

    摂理に来て はじめて知りました。私が 愛されてるんだってこと。…

  6. 信仰

    できなくても、負けないで ~苦しみが喜びに変わる日が、必ず来る

    やっと「できるようになった」と思ったのに、またできなくなることがあ…

  1. 日常&私の思い

    相談が苦手なあなたを変える一言
  2. 日常&私の思い

    人間を動かすのは「脳」だ~
  3. 日常&私の思い

    私の先生。
  4. 日常&私の思い

    直さないといけない3つのこと
  5. 日常&私の思い

    ちいさなしあわせ、ずっと続くしあわせ
PAGE TOP